学童野球と父コーチ

野球日記

長男の個人練習

【野球】長男の個人練習14

更新日:

2021年9月26日の練習。
野球開始から58日

日曜日なので本来はチーム練習のある日ですが、秋の公式戦のウォーミングアップ程度の練習のためチーム練習は無しに等しい。

練習メニュー

● 走トレ(壁押し)
● スローイング練習 x 50
● フロントトス(シャトル打ち) x 50

課題と目的

走り

兎にも角にも走力が尋常ではないくらいに皆無なので、走り方改善のドリル。
壁押しは以前からやってるものの、やり方を正しく理解していなかったようで、下記のツイッターの動画を参照。

しかし、案の定、腰が引けて動画のようにはできない。
これもステップ・バイ・ステップで少しずつ出来るようにしていく必要がありそう。

いろいろな走り方の本を参考にしてきたけど、どれも基本的な走り方がある程度出来ている子が速く走れる方法ばかりで、ドタバタ走りで全く基礎さえ出来ていないような子が速く走れるようになるような内容って無いんですよねぇ。。。

バッティング

週1のバッティングセンター。
80球中40球くらいはチップや空振り、小フライという感じで半分は前に飛ばない。

原因はよく分かっているけれど、その修正に対しての本人の意気込みがイマイチな感じもあり、先週からの課題をそのまま残したバッティングセンターでの練習でした。

ただ、このままだと「打てるようにならない」というのは本人も理解しているようで、帰りの道中に打てない理由と練習を積み重ねることしか解決できないという点を踏まえての話。少しだけ気持ちを前向きにさせることができたかな?

課題

● ミートポイントが安定しない
● フォロースルーが小さい(ボトムハンドが前に出ていかない)
● ドアースイング気味

上記の問題は置きティーを繰り返してフォームチェックをしていると次第に改善されてくるものの、バッティングセンターやチーム練習のバッティングでは、すっかり癖が戻ってしまって全く打てるような状態ではなくなるのが問題。

投げ方にそてもそうだったけど、個人練習ではある程度出来るようになっていても、チーム練習で戻ってしまうことが非常に多い。このあたりは、しっかりと癖が修正されるまでひたすら反復練習を繰り返すしかないのかな。

フロントトス(シャトル打ち)

置きティーばかりを繰り返していたせいか、動く球になると、たちまち悪い癖が復活してしまうので、動く球での練習も必要なのだと改めて思う。

ただ、以前は連続して投げていたフロントトスのやり方を少し新ためて、数球投げてフォームをチェック。ポイントを指示しながら修正、という流れを繰り返し行って、動く球でもしっかりと打ち込めるようにする感じに変更。

スローイング

将来的にピッチャーを目指すべくスローイングの練習。
現時点でチームのエースとは雲泥の差ではあるけれど、サウスポーの利点と、フォームだけなら綺麗な投げ方をしているので、制球とフォームを固めるための練習として、ゴルフ用ターゲットに向けての穴あきボールの投げ込み。

父自体がのスローイングのリハビリでも行っているトレーニングで、負荷が少ないながらも投球練習はできるのが利点。実感として効果も感じているので、今後も続けていきたいトレーニング。


-長男の個人練習

Copyright© 野球日記 , 2021 All Rights Reserved.