学童野球と父コーチ

野球日記

長男の個人練習

【野球】長男の個人練習18

更新日:

2021年9月30日の練習。
野球開始から62日

練習メニュー

屋外

● キャッチボール 軽く
● クイックスロー 軽く
● フライキャッチ (ランニングキャッチ)
● 50メートル走 9秒76 新記録 1秒95短縮

屋内

● スイング確認
● スローイング x 50

課題と目的

キャッチボール

相変わらず最初はポロポロと落としてしまうけど、グラポンをやり始めてから少しずつ改善している様子で、10球くらい投げればポロポロしないレベルにはなってきた。

投げ方は室内のスローイングの効果もあって綺麗になってきたし、強い球も投げられるようになってきた。急激な成長に少し驚く

クイックスロー

クイックスローはまだまだ。
練習を始めたばかりなので、そのうち上手になると思う。
チーム練習ではまだ求められないけど、必要になった時に困らないように自主練をしておくのは大切。

フライキャッチ

前回の練習ではフライを高く上げすぎるのと捕球をマストにしていたために、うまくできなくてやる気喪失。
それを反省して今日は、グローブに当てればOKというゆるいルールでボールも軟球ではなく穴開きボールで練習。

少し後方に投げて、走りながらグローブに当てる。
最初は近距離から始めて、慣れたら少し距離をあける。
バックしながらボールを確認することや、落下地点の把握の練習。

最終的には軟球でやりたいと言うので何球でも練習。
グローブを早く出しすぎる問題も解決してきた感じ。

成長

走りながらのキャッチができるようになってきた。
落下地点まで行くことができるようになってきた。

今はまだ正面のフライしか捕れないけれど、この練習を繰り返せば少し離れた位置に飛んできたボールも捕れるようになるはず。

ポイント 出来ることよりちょっと難しいことを少しずつ練習する。
成功体験の積み重ね。

50メートル走

足首を固くしてジャンプするように走るというアドバイスを理解できるようになったのか、今日はバタバタ走りがなくなり最高記録、
一気に9秒台で驚く。本人も何かをつかんだ様子なので、持続すればフォームも安定してまだまだタイムは伸びそう。

保育園時代から鈍足で悩んでいたけど、いざ練習を初めてわずか2週間(10回程度の実装)で3秒もタイムが縮まるなんてすごい。

スイング確認

ドアスイングが酷いので、ティーバッティングやトスバッティングを行うまえにフォームを確認する必要があると思われたので、打ち込みは無しにしてフォームの確認とドアスイングの矯正のために、片足スイングと前足の引き上げのエクササイズ。

この方法は良さげな方法に思えたけど、なかなか上手く出来ない。

前肩と後肩の入れ替えも理解するのが難しい様子。
朝練と水泳で疲れていたこともあって、頭にも入ってない様子で、ちょっと精神的にも良くない感じ。

最終的に子供が理解しやすいのは
バットを構えてグリップの位置はそのままで下半身主導で身体を回転させて上体がが前を向くタイミングでバットを出す方法。
でもこの方法だと、ちぐはぐな動きになってしまいそうなのが心配。

肩にバットを置いてスイングがベスト

いろいろ試してみた結果、一番問題なくバットを振れるのが肩にバットを乗せた上体でのスイング
多くの野球教室でもドアスイングの矯正方法の基本として紹介している方法で、フォロースルーを大きくする練習もできるので、しばらくはこの方法で取り組んでみることにする。

置きティーやシャトル打ちくらいはこの方法でもできるはず。



-長男の個人練習

Copyright© 野球日記 , 2021 All Rights Reserved.