学童野球と父コーチ

野球日記

個人練習

個人練習4

投稿日:

2021年9月16日の練習。
野球開始から48日

練習メニュー

屋外

朝6時30分からの朝練。

● キャッチボール x 50
● 14メートルスローイング x 10
● 守備練習 ゴロ 正面左右 x 3
● 守備練習 フライ x 10
● 50メートル(12秒13)ベスト

屋内

残業のためいつもよりも遅くに帰宅。
夜の屋内練習は軽めとなりました。

● 置きティー 各コースのストライクゾーン確認
● 置きティー 各コース x 10
● 置きティー フリー x 50
● フロントトス シャトル x 50
● ヘッドスライディング x 10

課題と目的

走塁

鈍足改善のための50メートルダッシュ。
タイムは更新したものの、走り方は相変わらずのドタバタ走りで前傾姿勢がとれない

気持ちは前傾姿勢になろうとうするものの、前傾姿勢が取れない理由は、足の裏全体で着地を繰り返しているからと思われる。

「ドタバタ」の着地音が消えるような走り方、つまりはつま先で地面を蹴るような走り方がで出来るようになれば、前傾姿勢がとれて、もっと速く走れるのではと思われる。目標は9秒台。

キャッチボール

緩めのキャッチボールで投球フォームと球の回転を確認しながらのキャッチボール。
暴投は少なく制球は良い。

チーム練習の初期に投球フォームの修正をコーチから受けた際に頭の後ろで腕を停止する意識がまだあるようで、投球動作の途中で止まってしまうため、停止せずに一連の動作で投げるように指示。癖になっているようなので修正が必要。

キャッチングは相変わらず苦手。
ただ、ボールの上下に反応してグローブの出し方は身についてきた感じがある。
投げる、受けるの基本はキャッチボールなので、このあたりは徹底して続けたい。

守備

主に室内の練習が多いので、屋外の時は屋外でしか出来ないことを。ということでフライの練習。
手投げながら出来るだけ高く投げ上げる感じ。
最初こそトンチンカンな方向に走るものの、何度か練習しているうちに落下地点までは行けるようになってきた。

バッティング

置きティー

ストライクゾーンを認識させる目的と各コースの打ち分けのために置きティーでコース確認。

ただ単調であまり面白くない練習なのと、グダグタ感があって現時点ではあまり良くない練習のように思える。コースの打ち分けはバッティングフォームが固まって来た頃からでも良いかな。

真ん中にセットした置きティーで練習。最初は空振りしたり台座を打ったりでグチャグチャ。後半はなんとか打てるようになってきたものの、フォームはテイクバックがなくなったり、踏み出し幅が変わったりして全く安定せず。

やはり今は基本のフォームを固めることだけに集中した方が良さそうで来週いっぱいくらいは同じ練習でも良さそう。

ポイント 焦らず基本を固める。



ケンコー ティーボールバット M KTBM

ケンコー ティーボールバット M KTBM

4,400円(09/27 15:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

フロントトス シャトル打ち

シャトルを使ってのフロントトス。
毎度ながらフォームが安定しないため前半は空振りが多い。
タイミングの取り方も昨日の状態を忘れているので、今はやはり同じ練習を繰り返して身体に覚えさせるのが良いと思われる。

後半はしっかりと打てる感じ。
チーム練習の前にはフロントトスを一通り済ませてから臨むのが良さそうな気がする。

まとめ

運動神経が悪いと思っていた息子ですが、いざちゃんと野球を教えてみると、意外と飲み込みが良いような気がする。

今まで自主的に身体を動かすことが多くなかったことや、教え方が悪かったことが原因なのかなと思うのと、教え方次第で伸びる可能性が大きくなることを実感している今日このごろ。

-個人練習

Copyright© 野球日記 , 2021 All Rights Reserved.