学童野球と父コーチ

野球日記

長男の個人練習

【野球】長男の個人練習5

更新日:

2021年9月17日の練習。
野球開始から49日

練習メニュー

屋外

● キャッチボール x 50
● 14メートルスローイング x 10
● 守備練習 ゴロ 正面左右 x 3
● 守備練習 フライ x 10
● 50メートル(11秒75)ベスト更新

室内

● 片手ティー 前後 x 10
● 壁際スイング x 10
● カッチンバット x 5
● 置きティー 真ん中 フォーム確認 x 50
● 置きティー 真ん中 x 50
● フロントトス シャトル打ち x 50
● バント

課題と目的

キャッチボール

キャッチングとスローイングともに日々の上達を感じる。
このあたりは毎日練習すればするほど上手になっていく感じがある。

まだまだ強い球を投げられるわけではないけど、以前は投げられなかった距離も投げられるようになってきたし、暴投も少ない。暴投はむしろイップス気味の父の方が多い(苦笑)

ようやくキャッチボールと言えるようなテンポでボールのやり取りができるようになってきたことを嬉しく思う。

14メートルスローイング

左投げなので将来的にピッチャーをやらせたいという思いもあり、意識付けのために投球練習の真似事も取り入れ。

お世辞にも強いたまはまだ投げられないし、キャッチャー風に座れば意識しすぎて暴投が多くなるけど、とりあえず今はボールが届くだけでも十分。来年の春くらいに強い球が投げられるようになっていれば。。。

守備

いつもよりも大きめのフライボールを試してみる。
まだ落下地点の予測ができないようで戸惑う。
繰り返しているうちに不機嫌に。やっぱり捕れないのは楽しくないしストレスの様子。

すぐにアドバンスな方向に行きたがる自分を反省。
取れるか取れないかのギリギリのレベルで自信を持たせるのが長男には合っている気がする。

バッティング

アドバンスな練習はひとまず後回しで、現在の課題の修正をメインに練習。

課題

● テイクバックが小さい(無い)
● 前足の踏み出しが小さい
● ドアースイング
● 芯でミート

置きティーを真ん中にセットして、フォームを確認しつつの練習。
上記の課題のポイントを確認しつつのスイング。
打球はセンター方向へのライナーになるように意識する。

テイクバックが小さいのと前足の踏み出しが小さいのはセットの課題になっていて、要するにワレができていない。そのためスイングに力が無い。

100球打った後半は、何となく安定して同じ方向へボールが飛ぶようになってきた。

徐々に様になりつつはあるので、来週一杯は同じようなメニューで進行予定。


ティーで使用するバットはティーバットと呼ばれるウレタン製のバット。
バット本体が柔らかいので万が一家具などを打ってしまっても大丈夫なので金属バットに比べて気軽に振れておすすめ。
気になる長さは75cm,重さは500gで一般的な少年用バットに近い重さなので十分練習になります。

ケンコー ティーボールバット M KTBM

ケンコー ティーボールバット M KTBM

4,400円(10/21 11:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

シャトル打ち

正面からのシャトル打ちも昨日の後半にはできていたタイミングを取る打ち方を忘れていて最初の方はデタラメな打ち方で空振りも多い。やはりいろいろと固まっていない現段階では毎日練習を欠かさないのがベスト

途中からタイミングのとり方を指摘。
投げるスピードやコースが多少バラついても対応できるようになる。
スイング自体も力強く打ち返すシャトルの方向やスピードも良くなってきている。

まとめ

2週間くらい前の「どうしたものやら・・・」という状況から比べるとかなり上達している。
明日はチーム練習の予定ではあるが、天気が雨の予報なので成果を見るのはお預け。その代わり週末ごとのバッティングセンターでどの程度上達したかを確認できるのが楽しみ。

ちなみに10月には下位チームながらも公式戦に出られる見込み。出場できれば三振でも良いので思い切り振れるように練習を続けていくのみ。

室内でのスローイング練習もできそう

学童野球のポイントは平日の練習をどれだけできるか。
打撃練習は現在の置きティーとシャトル打ちでいけると思っているものの。守備とスローイング、藻類に関しては頭を悩ますところ。

ひとまず朝練でキャッチボールをしているうちはキャッチングとスローイングは上達するだろうけど、寒くなると朝は暗くなるし寒いしで屋内練習が出来たほうが絶対に良い。

そこで、ゴルフ用のターゲット幕を購入して、練習用の穴あきボール(72mm)を部屋の端から端まで投げられるようにしてみた。距離的には5メートル程度ではあるものの、それなりに全力で投げられるのとフォームチェックや制球を意識した投げ方をするには十分いけそう。

今まで雨の日なども中止にしていたので、投げる練習が室内でできるようになったのは嬉しい。狭い部屋でも工夫次第でどうにかなるものである。


-長男の個人練習

Copyright© 野球日記 , 2021 All Rights Reserved.