学童野球と父コーチ

野球日記

長男のチーム練習

【野球】長男のチーム練習1

更新日:

2021年9月23日(祝)の練習。(小4)
秋の大会が続いているので、基本的にチーム練習の時間がなかなか取れない中で、さらに小学校の運動会のために運動場が使用できないなどの問題もあり、祝日と言えども場所が無いとチーム練習が出来なくなってしまい、息子のような初心者にとっては練習時間が減ってしまうので、なかなか厳しい状況。

そんな中、都営グラウンドの予約が出来て2時間のチーム練習が出来た。

課題

キャッチボール

基本的な問題として、キャッチボールでのキャッチングが20点程度。
まともにキャッチが出来ずに半数以上をポロポロと落としてしまう。
他の父コーチがキャッチボールをしてくれていたものの、あまりのキャッチングの酷さにキャッチングについて指導されている。

実際問題で、野球部に入部してから約2ヶ月でポロポロととボールをこぼしているのは問題。他のコーチからも同じように、キャッチングに関しての指摘が聞こえてくる。それどころか最近はチームメイトからも指摘される始末。

このあたりは、ひたすらキャッチボールを繰り返すことと、暇な時間などにはグローブを嵌めてボールを出し入れする自主練が必要

グローブを嵌める時間があまりに少ないので、まだグローブが手に馴染んでいない(自分の手になっていない)ため、変な場所でキャッチしようとしたり、ポケットに入れられなかったりの問題がある。

あくまで本人の自主性に任せたいところだけれども、キャッチボールからポロポロ小ボールをこぼすような状態では印象が悪いし、試合にも出られない。

スローイングに関してはだいぶ改善されたとコーチ陣からも褒められるようになってきた。とは言えまだ守備練習などでは山なりのボールを投げてしまうので、地を這うような速い球を投げるように指示。

守備

フライが取れない

個人練習でフライキャッチの基礎練習を繰り返して上達するしかない。

ボールのスピードに合わせて走る

ボールが遅ければゆっくりと走ってしまう。もともと足が遅いけれど、輪をかけて遅くなってしまう。
この当たりはバッティングも同じで、投球が遅ければスイングも遅くなる問題がある。

送球が山なり

守備練習での送球が山なりになってしまう。
このあたりも自主練習でフライキャッチの後にしっかりと送球させるような練習をしなければいけないと思う。

キャッチしてから投げるまでが遅い

キャッチしてから投げるまでが2秒程度かかってしまう。
理由としてボールを握り直すなどの動作が入るため。
このあたりもグローブを嵌めてボールを出し入れする自主練が必要と思われる。

バッティング

今日の練習では2打席2三振。
但し、速球を打つという課題だったため、チームメイトの殆どが三振なので打てなくてもしょうがない。

バント練習

バント練習はバットに当てられるものの、球に押し返されてファールに。
公園で自主練習させる必要があると感じる。

取り組みたい個人練習

● フライキャッチ
● 速い送球
● キャッチング
● バント練習

練習の打率

今日の練習

打数 2 三振 2

通算

打数 12 安打 1 三振 6

-長男のチーム練習

Copyright© 野球日記 , 2021 All Rights Reserved.